生理痛をラクにする食べ物と生理中は避けたい食べ物

生理の直前になると、子宮内膜からプロスタグランジンというホルモンが分泌されます。

このプロスタクランジンは、E1、E2、E3と3つの種類に分けられ、
それぞれ生理に関わる働きをしています。

具体的には、
プロスタクランジンE1が生理痛やPMSを緩和し、
プロスタクランジンE2が、子宮を収縮させて生理痛の原因となり、
プロスタクランジンE3が子宮の過剰な収縮を抑えます。
この3つのプロスタクランジンのバランスが崩れると生理痛が強くなってしまいます。

 

青魚に含まれる脂肪酸「EPA」は、
子宮の過剰な収縮を抑える働きのあるプロスタクランジンE3を作る働きがあります。
血液をサラサラにして血行を良くする働きもあります

溶媒抽出していないものを摂取してください

 
牡蠣に多く含まれる「様々なミネラル」は、様々なホルモンの合成に関わっています。
女性ホルモンの分泌を活性化させる働きがあり、ホルモンバランスの改善に役立ちます。
 

「γリノレン酸」は、
生理痛やPMSを緩和する効果を持つプロスタクランジンE1を作る働きがあります。
γリノレン酸は、あまり食べ物には含まれていませんがルリジサオイルに多く含まれます
ナッツ類に含まれるリノール酸は、体内でγリノレン酸に変わります。
研究会おすすめの 麗美を服用すると良いでしょう

ナッツ類に多くふくまれるビタミンEは、
血中のコレステロールが活性酸素によって酸化するのを防いで血液をサラサラに保ち、
毛細血管の血行を良くする働きがありますので、冷えからくる生理痛の改善にも効果的です。

ルリジサオイルにマナダミアナッツを入れているのは ルリジサオイルが酸化するのを抑える目的があります

 
 
お肉に含まれるアラキドン酸は、
子宮を収縮させて生理痛の原因となるプロスタクランジンE2を作ってしまいます。
お肉自体は良質のタンパク源ですから、身体に必要な食べ物ですが、
生理痛が強い方は、1日1食をお肉からお魚に変えてみると良いかもしれませんね