脾体質
 
 
「脾体質」は主に 皮膚粘膜や鼻や目の形などを見て判断します
大まかに言うと 目鼻立ちは童顔です
 

 昔から「脾」の弱い人のことを「ひよわ」と言います 「脾」は胃腸の機能を表します

 正確に言うと「脾体質」というのはなく
 「脾」→「肺」 「脾」→「腎」などに「脾」が悪くなると
 他の臓器に負担をかけます
 虚弱な体質の事を示します
    脾の機能が低下すると
①顔が黄色っぽくなります
 
②あご~耳下にかけて「たるみ」ができます
 
③目のふちがピンク色になり、少し「むくみ」ます
 
④肌が弱く敏感になります
 
⑤首、ひざ裏、内ひじ、お尻(肛門付近)が痒くなりやすくなります
 
⑥毛穴が開きやすくなります
 
⑦生理が長引きやすくなります
 
⑧痩せすぎか水太りになりやすい
 
⑨冷え性や貧血になりやすい
 
⑩左の目の下が「むくみ」やすく、「くま」が消えない
 
       「腎」「肺」体質などと複合してきます